本会議場で5期目の所信を述べる三村知事=13日午前

 県議会は13日午前、定例議会を開会した。5選後、初めての議会となった三村申吾知事は提案理由説明の中で所信を表明。人口減少や少子高齢化の進行、超高齢化時代を見据えた地域社会や生活機能の維持・確保など、青森県が直面する課題を示しながら「青森県の次代を担う子どもたちのため、青森で安心して暮らしていける仕組み、命が守られる仕組み、『人財(じんざい)』が育まれる仕組みをしっかりとつくり、確かな未来を築く」と決意を述べた。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)