日本銀行青森支店は12日、各種経済指標や企業への聞き取りを基にした青森県内金融経済概況を発表した。県内景気は「緩やかな回復基調にある」とし、4月から続いていた「回復の動きが一服しつつある」との判断を3カ月ぶりに引き上げた。所得環境の改善と消費税増税の影響から、個人消費が総じて回復基調であることが理由としている。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)