青森県外ケ浜町が整備を目指す新たなホタテ残さ処理施設について、山崎結子町長は12日の定例町議会一般質問で、現時点での整備計画を白紙にする考えを明らかにした。建設候補地としていた地域の住民らから同意が得られなかったため。新処理施設の建設は2017年4月に就任した山崎町長の公約の一つだが、整備計画は昨年3月に続き、再び白紙となった。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)