営業秘密である旅行会社の顧客情報を転職先の別の旅行会社に持ち出したとして、神奈川県警は12日、不正競争防止法違反の疑いで、兵庫県西宮市、会社員上岡周一郎容疑者(33)と、東京都大田区、会社員前川駿容疑者(35)ら計3人を逮捕した。

 県警によると、持ち出された顧客情報は約1300件に上り、氏名や住所、売上金額などがあった。2015年1月に最初に転職した上岡容疑者が、前の旅行会社に勤務していた前川容疑者ら2人に顧客情報の持ち出しを依頼したとみられる。2人もその後、同じ旅行会社に移った。上岡、前川両容疑者は既に転職先の旅行会社を退職している。

(共同通信社)
>> もっとくわしく読む