弘前大学医学部の大山力教授(泌尿器科学講座)の研究グループは、量子ビームによる新しいがん治療法として有望視されている「ホウ素中性子捕捉療法(BNCT)」で、効率的にがん組織に到達し、中性子との核反応によってがん細胞を効果的に破壊できる新しい薬剤(ホウ素製剤)の合成に成功し、特許を出願している。現在、弘前大理工学部の石山新太郎教授を中心とした研究チームが大山教授らと共に、青森県でのBNCT拠点化を目指して実験を進めており、新薬剤の開発は、プロジェクトを後押しするものとして期待されている。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。