烏帽子岳の山頂に立ち、陸奥湾や野辺地の街を望む大パノラマを楽しむ参加者

 青森県野辺地町のシンボルである烏帽子(えぼし)岳の山開きが、9日行われた。町内外から参加した約70人が標高約720メートルの山頂まで登り、陸奥湾や同町中心街を望む大パノラマを楽しんだ。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)