青森地方気象台は11日、少雨に関する気象情報を発表した。青森県は5月以降、雨が少ない状態が続き、5月1日~6月10日の降水量が青森、弘前、黒石、五所川原などで平年の30%以下となっている。今後も2週間程度は、まとまった雨が降らない見込みで、県「攻めの農林水産業」推進本部は、農作物の管理に注意するよう呼び掛けている。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)