青森県議選三戸郡選挙区で初当選し、現金買収などの疑いで逮捕された自民党所属の県議澤田恵(さとし)容疑者(61)陣営を巡る選挙違反事件で、買収資金を一時的に受け取りその後返した三戸町議が、澤田容疑者に直接金を返したといった証言があることが11日、複数の関係者への取材で分かった。捜査当局もこの情報を把握し、関心を寄せている。県警は、澤田容疑者が告示前から買収行為を認識していたほか、資金の出元の一つとなった可能性があるとみて裏付けを進めている。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)