関係者が出迎える中、奥津軽いまべつ駅のホームに入る下りのはやぶさ=26日午前10時6分

 北海道新幹線・新青森―新函館北斗間(約149キロ)は26日、開業から1年を迎えた。県内の観光、行政、JR関係者らは同日、奥津軽いまべつ駅(今別町)や新青森駅(青森市)などで記念イベントを開き、開業1周年の節目を祝った。青森県と北海道が新幹線で結ばれ、青函の往来は拡大したものの、県内への経済波及効果はまだ限定的で、2年目以降の課題となっている。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文と全ての掲載写真がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)