航空自衛隊三沢基地の最新鋭ステルス戦闘機F35Aが青森県沖の太平洋に墜落した事故に関し、岩屋毅防衛相は7日午前の閣議後会見で、行方不明となっていた操縦士・細見彰里(あきのり)3等空佐(41)の死亡を確認したと明らかにした。海中で遺体が見つかり、本人であることが確認された。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)