フレイル予防学研究講座の開設式で、フレイル研究に意欲を示す(左から)弘大の中路特任教授、若林医学研究科長とファンケルの炭田総合研究所長、由井慶ヘルスサイエンス研究センター長=29日、弘大医学部

 弘前大学と化粧品・健康食品のファンケル(本社横浜市)は5月1日付で、共同研究講座「フレイル予防学研究講座」を開設した。運動機能や認知機能が低下する状態「フレイル(虚弱)」の原因を解明し、予防法を構築する。企業が弘大に共同研究講座を開設するのは13例目。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)