外国人材の受け入れについて情報提供を受ける介護事業者ら=23日、青森市

 外国人労働者の受け入れを拡大するために、政府の旗振りで新しくできた在留資格「特定技能」制度の一環として、受け入れ先企業に代わって外国人に情報提供したり、相談に乗ったりする「登録支援機関」の設置が青森県内で進んでいない。全国の登録117件中、23日時点で県内は1件。支援には、外国人が理解できる言語で行わなければならないなどの専門性が必要で、特定技能による就労が県内で本格化するには、まだ時間がかかりそうだ。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)