工藤町長(前列中央)とともに町名産の果物をアピールしていく「フルーツ娘」

 青森県南部町は24日、名産の果物をPRする本年度の「フルーツ娘」に委嘱状を交付した。県産サクランボの新品種「ジュノハート」やリンゴ、モモ、ブドウなどを県内外の催しで売り込んでいく。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)