【写真左】小桧山吉紀氏【写真右】鈴木重正氏

 任期満了に伴う三沢市長選は26日告示され、いずれも無所属新人で元市議の鈴木重正氏(50)と、元県議の小桧山吉紀氏(69)が立候補を届け出、両氏による一騎打ちが確定した。6月2日の投開票に向け、「三沢の進化」を掲げる鈴木氏と、「市政の継承」を掲げる小桧山氏による戦いが始まった。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)