15日まで東京ドームで開かれた「ふるさと祭り東京」。場内での青森ねぶた運行にハネトとして出演した高田佳子さん(55)=青森市出身、都内在住=は「じゃわめぐ(血が騒ぐ)んです。今年も真っ先に参加を希望しました」とうれしそうだ。

 世田谷区役所に勤める傍ら、「青森ねぶた跳人衆団跳龍會(ちょうりゅうかい)」関東支部の一員として、都内でのさまざまなねぶた運行に駆け付けている。実家は県庁のすぐ近く。物心ついた時から祭で跳ねてきたと言い、「ハネト歴は半世紀」と胸を張る。

 「跳ねる楽しさを皆さんに伝えたい。そしてねぶた祭に来てほしいです」