受け付け開始の午前6時半から、多くの住民が集まった=25日、弘前市中央公民館岩木館
住民(手前)の肌の潤いの状態を調べるスタッフ=25日午前

 青森県弘前市岩木地区の住民1100人を対象に、健康に関する2千項目以上のデータを集め、健康施策に生かす弘前大学の「岩木健康増進プロジェクト」の健康調査が25日、同市中央公民館岩木館・岩木文化センターで始まった。15年目の今年は「味覚」や「肌・毛髪」「疲労度」などの新しい項目を加えた。6月3日までの10日間、健康寿命延伸に向けた調査・指導を行う。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)