運転を開始した家庭紙の製造設備(三菱製紙提供)

 青森県八戸市に主力工場を置く三菱製紙と王子ネピア(東京)が出資する「エム・ピー・エム・王子ホームプロダクツ」(八戸市、佐藤啓一社長)は24日、同市河原木の三菱製紙八戸工場内に整備を進めてきた家庭紙の製造設備が完成し、営業運転を開始したと発表した。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)