歴史、制作方法などまつりを全方位で網羅した「弘前ねぷた本」
威風堂々の新旧のねぷたがグラビアを飾る
1960(昭和35)年、上土手町のねぷたを描く名手竹森節堂。見開き2ページの写真が制作現場の熱を伝える

 弘前ねぷたのすべてを一冊にまとめた「弘前ねぷた本」(弘前観光コンベンション協会、弘前ねぷた保存会発行)が25日、青森県内の主要書店で発売される。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)