中泊町出身の佐々木勝子さん(53)と長野県出身の夫・修二さん(52)=江東区在住=が夫婦で営む寿司割烹(すしかっぽう)「木挽町佃屋(こびきちょうつくだや)」は、銀座6丁目の大通りから少し入った場所にある家庭的な店。修二さんが腕を振るう寿司や和食がメインだが、季節によっては本県の山の幸(ミズ、フキ、ヒメタケなど)を提供する。

 「常連さんのリクエストがあれば、野菜サラダ、カボチャのスープ、ステーキなどの『隠れメニュー』をお出しすることもあるんですよ」と勝子さん。本県の地酒は大人気。手書きの地図にいろんな銘柄を書き込んでミニ観光PRも。