土岐さん(左から2人目)のガイドを受けながら、白神山地の自然について学ぶ聖愛中の生徒たち

 青森県弘前市の弘前学院聖愛中学校(山上猛美校長)の1年生26人が23日、西目屋村で自然体験活動を行った。生徒たちは白神山地のブナ林を散策し、自然の成り立ちなどについて理解を深めていた。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)