2019ミスねぶたコンテスト(主催・青森市、青森商工会議所、青森観光コンベンション協会、青森テレビ、東奥日報社)の最終審査が25日午後1時30分から、青森市の「ねぶたの家ワ・ラッセ」で開かれる。

 1次審査を通過した12人が最終審査に出場。審査では自己PRや審査員からの質問があり、ミスねぶたグランプリ1人とミスねぶた2人を選ぶ。3人は8月1日から7日の青森ねぶた祭関連行事や、県内外の催しで青森県の魅力をPRする。

 奈良秀則青森観光コンベンション協会会長が審査員長を、前多正博青森市副市長、蝦名正治青森商工会議所観光・国際化委員長、堤由起子資生堂ジャパン青森オフィス美容リーダー、小野和寿青森テレビ常務取締役、松林拓司東奥日報社事業局長が審査員を務める。