【写真右】長期県政の転換を主張する佐原候補=20日、むつ市【同左】4期16年の実績を訴える三村候補=19日、青森市

 6月2日投開票の知事選は無所属現職の三村申吾候補(63)が県政史上初となる5選に挑んでいる。街頭で4期16年の実績を訴える三村候補に対し、無所属新人の佐原若子候補(65)は多選批判を展開。選挙戦では多選の是非が争点の一つとなっている。今回の知事選に限らず、首長の多選については県民の間でも賛否両論がある。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)