青森市役所を訪れ、小野寺市長(右)と握手するミルゾシャリフ氏

 青森市で今夏、2020年東京五輪に向けた強化合宿を行うタジキスタンの選手団に先立ち、駐日特命全権大使のジャロロフ・ミルゾシャリフ氏が22日、同市を訪れた。小野寺晃彦市長と懇談したミルゾシャリフ氏は、同市の第一印象について「自然に恵まれた素晴らしい環境」と評価。小野寺市長も「選手の皆さんが五輪に出られるよう万全の態勢を整えたい」と応じ、笑顔で握手を交わした。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)