八戸市内を運行する路線バス。10月から運賃が20円値上げとなる

 青森県八戸市は22日、市内路線バスの運賃を10月から20円値上げすると発表した。現行運賃は初乗り150円で距離により200円、250円と50円刻みで加算し、上限300円だが、値上げ後は初乗り170円で50円刻みで加算し、上限320円となる。値上げは8年ぶり。同様に、八戸圏域8市町村が広域で運行している圏域路線バス(初乗り150円、上限500円)も10月をめどに値上げする方針。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)