映画『きみと、波にのれたら』より港とひな子のデートシーン (C)2019「きみと、波にのれたら」製作委員会

 GENERATIONS from EXILE TRIBEの片寄涼太と女優の川栄李奈がW主演を務めるアニメーション映画『きみと、波にのれたら』(6月21日公開)の本編映像が22日、解禁された。GENERATIONSが歌う主題歌で作品のカギを握る楽曲「Brand New Story」を2人が歌唱するシーンにあわせ、“ラブラブデート”の様子がつづられている。

【動画】片寄&川栄の歌唱シーン盛り込みの“ラブラブデート”の予告編

 同作のメガホンを取るのは、『第41回日本アカデミー賞』最優秀アニメーション賞受賞作品『夜は短し歩けよ乙女』(2017年)、Netflixで全世界配信中の『DEVILMAN crybaby』など数々の話題作を世に送り出してきた湯浅政明監督。さらに松本穂香と伊藤健太郎も声優として参戦し、人気若手俳優陣が集結している。

 物語は、海辺の街を舞台に描いた青春ラブストーリー。片寄は消防士の雛罌粟港(ひなげし みなと)、川栄は大学生の向水ひな子(むかいみず ひなこ)を演じる。2人は恋人同士になるが、ある事故で港が命を落としてしまう。すっかり落ち込んでしまったひな子だが、2人の思い出の歌を口ずさむと、水の中から港が現れる。「ひな子のこと、ずっと助けるって約束したろ?」と言われ再会を喜ぶひな子だが、一緒にいることができるのか、姿を見せた本当の目的も明かされていく。

 予告映像で流れるデュエットは「2人で歌った方が、良い空気感になるんじゃないかとイメージしていた」と片寄のアイデアで実現。照れ笑いが抑えられなかったり、完璧すぎないメロディーなど現場の空気感がそのまま伝わってくる。映像では、ドライブや水族館デート、一緒にサーフィンをするなど、2人の歌と物語があわさり、初々しさや幸福感に満ちた最高に甘い時間を楽しむ姿が映し出されている。