意見交換会に参加した裁判員経験者ら=21日、青森地裁

 2009年5月の裁判員制度開始から10年となる21日、青森地裁(古久保正人所長)は青森市の同地裁で、県内の裁判員経験者の女性4人を招き、意見交換会を行った。「ニュースの見方が変わった。いい経験になった」と肯定的に捉える経験者がいる一方で、「裁判所まで片道2時間以上かかり、家族に負担を掛けた」といった声も上がった。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)