【ロサンゼルス共同】米西部カリフォルニア州は21日、同州が見直した高速鉄道計画に、トランプ政権が連邦政府の補助金約9億2900万ドル(約1千億円)の拠出中止を決めたことに反発、支払いを求める訴訟をサンフランシスコの連邦地裁で起こした。

 カリフォルニア州はトランプ政権の不法移民や環境対策などに対し、司法の場で争うなど激しい反発を続けている。ニューソム州知事は拠出中止は「政治的な報復だ」と非難している。

 トランプ政権はこれまでにカリフォルニア州に支払った約25億ドルについても返還を求める姿勢を示唆。双方の対立がさらに深まるのは確実だ。

(共同通信社)
>> もっとくわしく読む