自らの翻訳作品を手にするオユンビリグさん
モンゴルで出版された吉本ばななさんの「キッチン」の翻訳本(右)と翻訳作品が収録された短編集

 太宰治など日本文学を故郷モンゴルに広めようと、青森県今別町のサンボードルジ・オユンビリグさん(30)=ウランバートル出身=がモンゴル語への翻訳活動に励んでいる。町の国際交流員として英語を教える傍ら、時間を見つけては作業を続け、翻訳作品数は既に100以上。故郷で出版された翻訳書は3冊ある。現在は自らファンという太宰作品を翻訳中で、「モンゴルに太宰の名を広めたい」と日々作品に向き合っている。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。