政策を訴える鈴木氏(左)と小桧山氏

 任期満了に伴う三沢市長選(26日告示、6月2日投開票)を控え、立候補予定者による公開討論会が19日、市公会堂で開かれた。元青森県議の小桧山吉紀氏(68)、元三沢市議の鈴木重正氏(50)の新人2人が出席し、目指す市政を有権者に訴えた。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)