体操の世界選手権(10月・シュツットガルト=ドイツ)代表選考会を兼ねた個人総合のNHK杯は19日、東京都調布市の武蔵野の森総合スポーツプラザで行われ、男子は谷川翔(順大)が合計254・363点で初優勝し、代表入りを決めた。

(共同通信社)