意見を交わしながらデザイン画を選考する審査員たち

 高校生の服飾デザイン日本一を決める「第19回全国高校ファッションデザイン選手権大会」(ファッション甲子園2019)は18日、デザイン画による1次審査結果を発表した。弘前実業、青森中央、五所川原第一の青森県3校の4点を含む、27都道府県の34校35点が審査を通過し、8月25日に弘前市民会館で開かれる最終審査会に臨む。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)