【青森山田-八学光星】7回表、青森山田2死満塁、工藤塁が中前2点適時打を放ち、7-3とリードを広げる=八戸市東運動公園

 春季青森県高校野球選手権第2日は18日、八戸市長根公園、同市東運動公園、六戸メイプルの3球場で2回戦8試合を行い、8強が決まった。甲子園出場常連校の対戦となった青森山田と八学光星戦は、青森山田が今春センバツ出場の八学光星を7-5で破り底力を見せた。八工大一は青森を11-3で七回コールド勝ち。大湊、青森商はそれぞれ弘前実、八戸西を1-0で下し投手戦を制した。このほか、聖愛、三沢商、東奥義塾、弘前東が勝ち上がり、夏の県予選シード権を得た。第3日の19日は八戸市長根公園、六戸メイプルの2球場で準々決勝の計4試合を行う。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)