JA共済連の飯田清道さん(35)=横浜市在住=はこの4月から事業広報を担当。これまで共済の実務が長かったが、「伝えるべき事をいつ、どう伝えるか、常に考えて取り組んでいる」と意気込む。

 実家は手羽先唐揚げが人気の平内町の精肉店。「学生時代、後を継ぐことも考えたが、より多くの人のためになりたい」と今の仕事に。「実家は弟が継いでくれます」

 自分が携わった交通安全啓発の新聞全面広告が今月掲載された。早速、関係者から「良い出来。いろいろな場面で活用したい」と反応。「地域貢献できる仕事ができた。やりがいを感じた」と笑った。