佐原候補の第一声に駆け付けた(右から)社民県連・三上代表、国民民主県連・今博副代表と共産党・高橋千鶴子衆院議員(左)ら野党関係者=16日、青森市の青森駅前公園

 6月2日投開票の知事選は、無所属現職の三村申吾候補(63)を自民党県連と公明党が推薦し、組織的な戦いを展開する一方、無所属新人の佐原若子候補(65)は県内4野党が支援する形だが、明確な共闘体制とはなっていない。各党によって力の入り具合に温度差があり、現時点では、各党の支持層の票がどの程度まで佐原氏に結びつくのか不透明な状況だ。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)