銅像茶屋の営業休止に伴い、閉鎖されたままとなっている公衆トイレ=16日、青森市横内

 青森市と十和田市を結ぶ主要地方道青森田代十和田線沿いにある食堂兼土産物店「銅像茶屋」(青森市横内、千葉勝幸さん経営)の営業休止に伴い、青森市が敷地内に設置している公衆水洗トイレも閉鎖状態となっている。使用する水を銅像茶屋の水道設備に頼っていたため。周囲は十和田八幡平国立公園有数の観光スポットだが、ほかに利用できるトイレはなく、付近を通行する人たちからは「不便」との声も。青森市は観光シーズン前に、水道設備が不要な簡易トイレを設置する方向で準備を進めている。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)