山端さんが刊行する青森市所蔵の古作こぎん刺し着物の写真集
故田中忠三郎さんの遺影を前に、写真集の完成を報告した山端さん(左)。右は田中さんの妻・智子さん

 2006年に閉館した青森市歴史民俗展示館「稽古館」で展示され、現在は青森市が所蔵している古作こぎん刺し着物の写真集「コギン<1>」が23日、刊行される。「オモテ」と「ウラ」の2冊組みで、県有形民俗文化財など33着の表と裏を見ることができる。著者は、おいらせ町出身で東京都在住のデザイナー山端家昌さん(36)。「繊細で大胆でもある古作こぎんのかっこよさを感じてほしい。古作をベースにした作品づくりにも生かしてもらえれば」と話している。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)