県庁舎の議会棟2階にある県議会の喫煙室。県庁舎と同様に喫煙室を撤去し、屋内完全禁煙とするか対応が注目される

 受動喫煙対策を罰則付きで強化する改正健康増進法が7月1日から施行され、まず学校や病院、行政機関の公的施設が屋内完全禁煙(敷地内原則禁煙)となる。青森県内でも本年度、県庁舎や県警庁舎が敷地内禁煙を決めるなど対応が進む中、県議会や一部市町村の議会棟については7月以降の対応が定まっていない。改正法の規定にあいまいな要素があり、屋内完全禁煙とするか否か、結局は管理者の判断に事実上委ねられていることが背景にある。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)