日産自動車の西川広人社長兼CEO、ルノーのジャンドミニク・スナール会長、ティエリー・ボロレCEO

 日産自動車が、西川広人社長兼最高経営責任者(CEO)を6月の定時株主総会以降も続投させる方針を固めたことが16日、分かった。企業連合を組むフランス大手ルノーのティエリー・ボロレCEOを新たに取締役に迎える。15日に開いた臨時取締役会でこうした人事を内定した。関係者が明らかにした。

 新体制の取締役は11人とし、日産が設置したガバナンス(統治)改善特別委員会が3月にまとめた提言に基づき、社外取締役は過半数の6人とする。

 ルノーからは、4月に取締役に選任されたジャンドミニク・スナール会長が続投し、ボロレ氏と合わせて2人。日産からは西川氏ら3人が取締役となる。

(共同通信社)
>> もっとくわしく読む