共産党の高橋千鶴子衆院議員は15日の衆院厚生労働委員会で、旧優生保護法下で行われた強制不妊手術の被害者に対する一時金支給法について質問した。厚生労働省側は、旧優生保護法に基づいて不妊手術を受けた元ハンセン病患者も一時金の支給対象になるとの認識を示した。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)