プロバスケットボールBリーグ2部東地区の青森ワッツは今季(2018~19年シーズン)を、15勝45敗の最下位で終えた。勝率などで他地区の最下位を上回ったため、3部への降格危機を辛うじて免れたが、今季は13連敗、11連敗と2度の大きな連敗があり、負け数はチーム発足後で最多。1試合当たりの平均得点数が昨季を大きく下回るなど得点力不足を露呈し多くの課題を残した。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)