青森シャモロックのひなの成長ぶりを確認する生徒たち=14日

 青森県十和田市の三本木農業高校動物科学科の1年生35人が、今年も5月から県産地鶏「青森シャモロック」の飼育に取り組んでいる。自ら給餌や掃除など飼養環境を整備し、経済動物が成長する過程やスピードを学ぶプロジェクト学習「農業と環境」の一環。9月には解体実習も行う。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)