ドローンの性能を披露した実演会

 ごしょつがる農協水稲部会は15日、青森県五所川原市の水田で、小型無人機ドローンによる稲の種まきの実演会を開いた。今後、農薬の散布などにもドローンを活用して労働力削減の効果を調べ、農家の導入につなげていく。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)