漁解禁初日、ウニの身を塩水で洗う組合員ら

 青森県八戸市鮫町の八戸鮫浦漁協管内で15日、ウニ漁が解禁された。初日はあいにくの曇天で海水温が低かったが、早朝から同漁協組合員が海に潜りキタムラサキウニやエゾバフンウニを漁獲。組合員やその家族らがウニを殻から取り出し、パック詰めする作業に精を出した。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。