むつ市出身の加藤智之さん(36)は川崎市宮前区で「加藤花飾堂(はなしょくどう)」を営むフラワーデザイナー。通常の花束やアレンジメントのほか、地域で採れる新鮮な野菜で作る「お野菜ブーケ」が評判を呼んでいる。

 友人の農家から届くニンジンやナス、ズッキーニなどを組み合わせ、カラフルな“食べられる花束”に。家族や知人への贈り物として人気が高く、京都や広島からも注文があるほど。1月には川崎市の広報の表紙にも使われた。

 小学生の時に引っ越して以来本県を離れて久しいが、「青森でも自分の仕事を見てもらう機会があれば」。