ステルス戦闘機F35B

 米軍岩国基地(山口県岩国市)に配備されている海兵隊仕様の最新鋭ステルス戦闘機F35Bが離陸中に鳥と衝突するバードストライクが7日にあり、米海軍安全センターが「最も重大」な事故と判断していたことが15日、米軍への取材で分かった。けが人はなかった。

 岩国市によると、同市は米軍に対し事故が発生した際に情報提供を求めてきたが、バードストライクについて連絡は無かった。防衛省を通じて詳細を問い合わせている。

 米軍によると、岩国基地のF35Bが7日、離陸中に鳥と衝突し、直ちに離陸を中止した。当時の具体的な状況の調査や損害査定を実施中としている。

(共同通信社)
>> もっとくわしく読む