議会運営委員会で自身の1人会派名について意見を述べる熊本市の緒方夕佳市議=15日、熊本市議会

 乳児を連れて議場に入るなどの行動で議論を呼んだ熊本市の緒方夕佳市議(43)は15日までに、自身の1人会派名を「緒方ゆうか」にすると各派代表者会議で申し出た。同日の議会運営委員会で各派が反発し、名称を見直すよう議長から求めることに決めた。緒方氏は「議論もせず、一方的だ」と譲らなかった。

 緒方氏は今年4月の市議選で再選し、現在2期目。1期目の会派名は「和の会くまもと」で、変更の理由を「複数人の会派に属しているようで分かりにくいと指摘された」と説明した。議運では「会派名は常識の範囲内で決めるべきだ」「1人は無所属とするべきではないか」といった意見が目立った。

(共同通信社)
>> もっとくわしく読む