13日午後10時45分ごろ、JR奥羽線の青森発弘前行き上り普通列車に乗務していた車掌が、新青森駅で列車に“置き去り”にされ、タクシーで追い掛けるトラブルがあった。車掌は次の停車駅・津軽新城駅で追い付き再び乗車したが、列車に12分の遅れが出た。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。