会誌「馬禿 第21集」を手にする木下会長

 青森県五所川原市金木町出身の作家太宰治の研究を行っている「金木太宰会」(木下巽会長)が、会誌「馬禿(まはげ) 第21集」を刊行した。特集では、太宰生誕110年に合わせ1983年当時の会員らが太宰との思い出などを披露した古い会誌を収録した。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)