東京・赤羽で七輪焼き肉店の店長を務める青森市出身の倉持正志さん(56)=旧姓・齋藤、茨城県在住=は、大学時代のアルバイトから一貫して飲食業に携わってきた。「マーシー」の愛称で常連客らに親しまれ、「スタッフ20人と一緒にお客さんを元気にする店を目指しています」と笑顔で語る。

 入り口に青森ねぶた祭のポスターが掲げられ、メニューには津軽地方の郷土料理や地酒も。

 「居酒屋激戦区の赤羽で生き残るために、青森カラーを目いっぱい出すことにしました。同郷のお客さんが多く来てくれるのがありがたいです」