シャッターを閉じ、今シーズンの営業を休止したままの銅像茶屋=青森市横内

 十和田八幡平国立公園内、主要地方道青森田代十和田線沿いにある食堂兼土産物店の銅像茶屋=青森市横内、千葉勝幸さん(75)経営=が今シーズン、営業を休止している。経営者の高齢化や施設の老朽化などが要因。経営再開をにらみ、引き受け手を探しているものの、見つからなければ事実上閉店となる可能性が高い。食堂のほか八甲田雪中行軍遭難事件資料の展示室もあり、関係者から惜しむ声が上がっている。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。